カウンセリングの効果

診療室

薄毛治療を行う際には、大きく分けて育毛と発毛という2つの治療が行われます。
育毛というのは、既に生えている毛髪をより太く、長く、強くすることが目的の治療です。
軽度の薄毛の場合、この育毛治療だけでふさふさの髪を手に入れることが出来るでしょう。
しかし、育毛治療は、生えていないところから毛髪を生やさせる効果はありません。
つまり、ツルツル状態に近い場合には意味が無い治療となるのです。
そのため、ツルツル状態の場合には発毛治療を行う必要があります。発毛は育毛と違い、生えていないところから毛髪を生えさせる治療です。
より完璧に薄毛を改善させるためには、育毛と発毛、どちらの治療も併せて行っていく必要があるでしょう。

育毛・発毛治療を行う際には、外用薬と服用薬を併用することが効果的です。
外用薬は一般的に育毛剤などと呼ばれ薬局やドラッグストアなどでも販売されています。
医師の処方箋がなくても買えるものがほとんどで、価格もそこまで高額ではないため日常的に服用することが出来るでしょう。
対して服用薬は、医師の処方箋が必要なものがほとんどです。
海外からの個人輸入で手に入れることもできますが、医師に処方してもらったほうが手軽で安心感は大きいです。
偽物などが出回っていることもありますし、他の薬との併用が危険な場合もあるために、病院を受診することが推奨されます。
さらに、シャンプーや養毛剤などを活用することで、より効率的に薄毛治療を行うことが出来るでしょう。